腰が痛い

症状の解説と原因


人類が二足歩行を始めてから抱えてしまった悩みが腰痛です。その腰痛も、個人の生活習慣や体の使い方によって症状や痛みも様々になっています。しかし、多くは医学的な原因の特定が難しく、「腰痛」と総称されることが多いのです。

そんな中でも原因がはっきりしているものもあります。


・筋・筋膜性腰痛症;長時間のデスクワークや猫背、車の運転などの姿勢の悪さなど、日常生活のなかに原因が潜んでいます。日頃の心がけで防ぐことが可能です。

・椎間板ヘルニア;背骨の間でクッションの役割をしている椎間板の中央にある随核が、何らかのきっかけで外に飛び出し、神経を圧迫し炎症を起こすことで発症します。腰部分の骨に長時間負担がかかった結果、椎間板に異常を起こすことが多いようです。

・急性腰痛症(ギックリ腰);重い荷物を持ち上げたり、振り向こうとして体をひねるなど、ふとしたきっかけで腰椎を支える組織が損傷して起こります。

・腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう);背骨を構成し、骨に通っている神経を脊柱管といいますが、ここが狭くなると神経を圧迫して、腰痛や坐骨神経痛を引き起こします。

この症状・目的に合うサプリメント成分

ビタミンD

 カルシウムの代謝に重要な役割をもっているのが脂溶性ビタミンで、科学名を「カルシ…

カルシウム

 カルシウムは、広く知られているように、丈夫な骨や歯をつくるのに欠かせない栄養素…

コラーゲン

 コラーゲンは、人間や動物の体を形成する繊維状のタンパク質です。加熱調理した肉や…

コンドロイチン

 コンドロイチンとは、ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味があります。  ネバネ…

プロテイン

 タンパク質のことを英語で「プロテイン」といいます。健康食品の場合、「高タンパク…

コメント

タイトルとURLをコピーしました