成分

ルテイン

ルテインとは

「ルテイン」は、緑黄色野菜におおく含まれるカロテノイドの一種であり、黄色、オレンジ、赤色の脂溶性色素になります。

ヒトの身体には眼や皮膚、乳房組織、母乳、子宮頸部、脳に存在しており、特に眼には多くのルテインが存在します。

体内でつくることはできないので、食事やサプリメントで補う必要があります。

ルテインと眼

ルテインは眼の黄斑部や水晶体に多く存在します。

不足すると、黄斑変性や白内障などの眼の老化が起こりやすくなるといわれています。

ルテインは抗酸化物質として眼の老化をひきおこす「活性酸素」を抑えたり、有害な光を吸収し、眼を守る働きをしています。

ルテインの1日の摂取量は6mg以上が望ましいとされており、継続的に1日あたり10mgのルテインを摂取することで加齢性眼疾患のリスクを軽減すると報告されています。

ルテインの働き

目の黄斑部の色素密度を上昇

ルテインとゼアキサンチンを摂取した人は、ブルーライトなど有害な光を吸収する黄斑部の色素密度が上昇することがわかっています。

つまり、光から眼を守ると言えます。

サプリメントの紹介

ここで、パソコン作業の多い、私も愛飲しているサプリメントを紹介したいと思います。

-成分

© 2020 サプリ事典