成分

ビタミンB1

ビタミンB1とは?

水溶性ビタミンの仲間であるビタミンB1はビタミンの中で最初に発見されたものです。

科学的にはチアミンという名称の化合物で、ブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素です。

また、ビタミンB1には、チアミンにリン酸が、

  • 一つ結合したチアミンモノリン酸(TMP)
  • 二つ結合したチアミンジリン酸(TDP)
  • 三つ結合したチアミントリリン酸(TTP)

があります。

それらの化合物は消化管でビタミンB1に消化された後、吸収されるため、ビタミンB1と同等の活性を持ちます。

ビタミンB1の働き

ビタミンB1はピルビン酸からアセチルCoAに変わる際に必要な水溶性ビタミンです。

脳や神経の正常な働きの助けになるようです。

サプリメントの紹介

ビタミンB群のサプリメントがおすすめです。

-成分

© 2020 サプリ事典